お引越し費用を実質0円に!ブランド買取のアスメディア

ブランド品買取・引越処分の(株)アスメディア

不要なブランド品を処分して、実質0円でお引越ししませんか?


お引越しはお金がかかりますよね?

たとえば都道府県内の引越しの場合、

単身者の平均 62,497円、
家族2人の平均 107,000円、
家族4人の平均 138,305円


もかかるそうです。(※価格com調べ)

これが、500kmの遠距離(東京から岡山くらい)の引越しとなると、

単身者の平均 67,184円
家族2人の平均 139,871円
家族4人の平均 265,000円


にもなってしまいます。

さらにそれに加えて、マンションの敷金、礼金はもちろん、保証金、家具などを考えたら、20万、30万円くらいはあっという間に飛んで行ってしまいます。

結構、大きな金額ですよね?

そこで、ご不要になったブランドの洋服やバッグ・靴を売って、引越し費用を実質0円にする方法をお教えしたいと思います。


ブランド品を高く売るために、知っておくべきこととは?


ブランド品の処分といっても、高く売れるものから、あまり値段が付かないものまで、様々です。

あまりお値段が付かないのは、

・あまりにも古すぎる商品
・キズ、汚れが激しい商品
・タバコや香水の臭いが付いている商品
・中古市場では人気のない商品
・季節外れの商品
・一昔前に流行したデザインの商品


などです。たとえば、定価50万円の毛皮のコートでも、10年以上前のものでしたら、1枚3,000円くらいにしかならないこともあります。

それから、

・ライセンスブランドの商品
・ノンブランドの商品
・ファストファッションの商品


などは、中古としては価値がなくなってしまうので、買取価格はほぼゼロになってしまいます。

逆に、高く売れるのは、

・弊社指定のハイブランド
・発売されてから2~3年以内の商品
・きれいな商品
・クリーニングされている商品
・保証書やカード、保存袋、箱が完備している商品
・中古市場で売りやすい商品
・値崩れしないブランドの商品
・店頭ですぐ完売した商品
・プレミア価格がついている商品


などです。

このような商品は、結構いいお値段がつく場合があります。


引越代を払っても、お金が余ってしまう。その理由とは?


では、弊社アスメディアでは、どのくらいの金額でブランドを買取しているのか、具体的な数字をご紹介していきたいと思います。

こちらが、その一例です。

サンローラン、バルマン等 21点 77万円
ジョンロブ、ベルルッティ 11点 59万円
モンクレール、トムブラウン 18点 68万円
クロエ、フェンディ等 19点 53万円
ゴヤール、ボッテガ等 18点 39万円
モンクレール、ロエベ等 13点 45万円
ルブタン、セリーヌ等 12点 42万円
VISVIM、mastermind 42点 63万円


といった具合になっています。

いかがでしょうか?引越しが2~3回できそうな金額ですよね?

ですから、ブランド品を売って、引越し費用が実質0円になるというのは、かなり控えめな表現です。実際には、引越し費用を払っても、お金が残るケースが多いのです。

残ったお金は、ぜひ有効活用して下さい。

弊社のお客様からも、

・家族3人で国内旅行に出かけた。
・新居の家具を買い揃えた
・テレビを買い替えた。
・車の購入資金にした。
・借金を返済した。
・彼女にプレゼントを買ってあげた。
・家族をレストランに連れて行った。


といったお話を伺っています。


捨てられない人は、精神も、肉体も、家計もピンチに!?


ここまで、不要なブランドを売って引越費用に使ったこと、余ったお金は有効活用したお客様のお話をしてきました。

でも、買取に出すメリットはお金の面だけではありません。

最近、断舎離という言葉が流行っているのをご存じでしょうか?

断舎離とは、不要なモノを捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方のことです。

あなたのご自宅にも、クローゼットに入りきらない洋服、靴、バッグなどが溢れていませんか?

たくさんのモノは、家計的にも、精神的にも、肉体的にも、ストレスになるのだそうです。

例えば、

・クリーニング費
・除湿機の電気代
・防虫剤など、衣類の維持費
・トランクルームの家賃


などはかなりの出費になっている方が多いかと思います。

また、

・セーターの中で繁殖したダニ
・ダウンジャケットの中で繁殖したノミ
・バッグや靴の中で繁殖したカビ
・クローゼットに溜まったハウスダスト


は、アトピーやぜんそく等のアレルギーを引き起こします。お子様のいる家庭は特に注意が必要です。

また、購入した本人は気にならなくても、ご家族がストレスに感じている場合もあります。

例えば、

・妻や夫がすぐイライラする。
・小さなことで夫婦喧嘩になる。

・ちょっとしたことで、ついつい子供を怒鳴ってしまう。
・子供が情緒不安定


という家庭は要注意です。

精神科医の西多昌規さんによれば、モノが溢れた部屋は、鬱病を引き起こすこともあるそうです。

あなたは、大丈夫ですか?

お引越しは、モノを処分するのにいいチャンスです。この機会に、もう一度クローゼットの中身を見直すことをお薦めします。


注意!ブランド買取業者と取引をするときに知っておきたいこと。


では、そろそろ、買取の手続きについてご説明していきましょう。

知らない会社と、初めて取引をするのって、ちょっと不安ですよね?

当社にご相談されるお客様も、

・正しい査定・評価をしてくれるのか?
・ちゃんと支払ってくれるのか?
・キャンセルしたい場合、返品してくれるのか?


というような不安を抱えているようです。

実際に、一部のブランド買取業者は、どんぶり勘定な取引をしているところもあります。特に古い業者は、昔ながらの慣行に従って、勘で商売しているところが多いので要注意です。

そして、そのような業者は、現物を見てからでないと、査定をしてくれません。おおよその金額を電話で教えてくれと言っても教えてくれません。

しかも、一点ずつの明細は出してくれません。トータルの買取金額しか教えてくれない、というのが現状です。

実際にお客様とお話ししても、

「モノを見てもらうまで、1万円になるのか、10万円になるのか、さっぱり教えてくれないから不安だった」

とか、

「査定金額よって、売るモノ・売らないモノを決めようと思ったけど、合計金額しか教えてくれないからそれができなかった。」

という声をよく聞きます。

これでは困りますよね?


お客様の不安を少なくする、2つの方法。


一方で、弊社は、お客様の不安を少なくするために、2つのシステムを導入しました。

その一つが、

・お電話やメールで、事前に買取金額をお伝えする『仮査定』サービス

です。

『仮査定』とは、実物を見ずに、お電話やメールで暫定的な買取査定をさせて頂くことです。

実物を見ないので、型番や色、サイズ、保管状態、仕様など、5~10項目のヒアリングをおこないます。そして、そのデータを使って8億6,000万件の取引データベースに照会し、そこからいくらで買取できるのかを判定するのです。

そして不安を少なくするための、もう一つが、

・1点ずつの金額が分かる『査定リスト』作成サービス

です。

『査定リスト』とは、一点ごとの査定金額が記載されたリストのことです。

例えば、

・XXXXのXXXバッグ ---> 仮査定金額 12万~13万円
・XXXXのXXXジャケット ---> 仮査定金額 6万~7万円

・XXXXのXXXデニム ---> 仮査定金額 3万~4万円

という具合に査定のリストを作成させて頂きますので、どのアイテムに、いくらの値段がついたのが一目瞭然です。もちろん、査定に納得できないアイテムについては売るのを止めるという選択もできます。

そして、全ての取引のうち90%の割合で、仮査定の金額の範囲で買取させて頂いております。

おかげ様で、キャンセル率も20件に1件程度と非常に低いのが弊社の強みとなっています。

ご都合に合わせた、3つのプラン


さて、実際の取引の説明に移らせて頂きます。

お電話やメールでの仮査定のあとは、

・宅配買取: ゆうパックやクロネコヤマト等で送って頂く
・来社買取: 五反田の買取センターまでお持ち頂く
・出張買取: 弊社スタッフがご自宅に伺う(買取金額50万円以上)


の、いずれかをお選びいただけます。

尚、お売り頂く商品が50点、100点と多い場合は、電話でヒアリングするのもお互い大変ですので、数点ピックアップしたアイテムだけ仮査定させていただき、それを基に取引するか・取引しないかを判断して頂くことが多いです。

ただし、ご自宅に伺った場合は、データベースへの接続環境がありませんので、五反田の買取センターに戻ってから最終的な本査定をさせて頂くことになります。

また、点数が多い場合や、繁忙期の場合は、査定に5日~6日かかる場合がございますが、お取引の前に必ず説明させて頂きますので、ご安心ください。

買取の流れについては、詳しくはこちらからご確認頂けます。


あなたの目の前には2つの道があります


以上でございますが、いかがでしょうか?

あなたは、不要なブランド品を処分して、引越し費用を作りますか?

それとも、

貯金を崩したり欲しいものを我慢して、引越し費用を作りますか?

おそらく、お持ちのブランド品を買取に出されれば、引越し費用を上回る金額を手に入れることができる可能性が高いでしょう。そして余ったお金で、欲しいモノを買ったり、旅行に行ったり、美味しいモノを食べたりできるかもしれません。

逆に、買取に出さず、そのまま持ち続けるのなら、引越し費用は大きな負担になるでしょう。そして、もしかしたら、経済的、肉体的、精神的なストレスにさらされた状態が続くかもしれません。

あなたは、2つの道のどちらを選びますか?

買取のご相談は、下記のお問合せフォームか、お電話で気軽にご連絡いただけます。

あなたからのご連絡をお待ちしております。



P.S.最後に事例を紹介します


東京都 男性 36歳
引越しのときに、亡くなったお父様のジョンロブが大量に出てきました。捨ててしまおうかと思ったらしいのですが、ある日テレビを見ていたら、一足20万円もすることが判明。さっそくお電話いただき、全部で50万円弱で出張買取させて頂きました。ご近所へのお引越しだったので引越し費用は30万円ほど。相殺すると20万円くらいはプラスになったようです。


京都府 女性 31歳
クリスチャンルブタンの靴を12足ほど買取させて頂きました。ご主人がコレクターで40足ほど所有していたのですが、新居に引っ越すことになり、その一部をゆうパックで宅配買取させて頂きました。まだ発売から1~2年しか経っていないスニーカーが多かったため、全部で52万円ほどで買取させて頂きました。府内への引越しだったため、20万円ほどはプラスになったようです。


大阪府 男性 41歳
ファッション関係のお仕事をされている関係で、バルマンやディオールオムの洋服・靴・バッグを6畳の部屋一杯に持っていらしゃいました。引越しに伴い、奥様から処分するように懇願され、泣く泣く当社にご相談がありました。あまりにも大量にお持ちだったため、3回に分けてクロネコヤマトで送って頂きました。合計金額は80万円ほどで、引越し費用を差し引いても40万円以上はプラスになったようです。


神奈川県 男性 39歳
VISVIMやテンダーロインなどのストリートブランドを大量に所有されていらっしゃいましたが、引越しを機会に、60点ほど処分したいとご相談がありました。まだ値札が付いていたり、開封をしていない商品も多く、コンディションのよい商品ばかりだったため、合計70万円ほどで買取をさせて頂きました。引越し先は東京だったため、引越し費用もあまりかからず、40万円以上はプラスになったようです。